4月20日は「ジャムの日」

「ジャムの日」の由来

「ジャムの日」は、一般社団法人 日本記念日協会に登録されている記念日です。 1910年(明治43年)4月20日、長野県北佐久郡三岡村(現在の小諸市)の塩川伊一郎氏が「苺ジャム」を皇室に献上したとの記録があり、塩川伊一郎氏の技術が日本のジャム産業の礎となったと考えられることから、日本ジャム工業組合(東京都千代田区)が4月20日を「ジャムの日」に制定しました。

ロゴマークのデザイン

「ジャムの日」のロゴマークは、容器にスプーンが刺してあるフォルムをアウトライン化し、その中に「Jam Day 4.20」のロゴを入れています。

ジャムはもともと、季節の果実を少しでも長く味わうための保存食品として発達したものであり、容器にジャムの美味しさ・魅力・彩りなどが詰められている様子をこのデザインで表現しています。