トップメッセージ

当社は、みかんの缶詰加工とオレンジママレードなどのジャム類の製造を目的として、1932年に広島県竹原市忠海で創業しました。「農産加工品の美味しさは、その原料によって7割が決まる」の信念のもと、当時すでに柑橘類の最優良産地であった瀬戸内に位置する当地を選び、産地の真ん中で良質の原料選びと技術中心の経営を進めてきました。
創業者である廿日出要之進がいつも唱えていた言葉は、「缶詰は中身が見えないからこそ、これを製造する人は正直ものでなければならない」。常に正攻法を基本とし、缶詰技術によって最高の品位を求めてきました。以来、「缶詰技術を応用し、素材の新鮮さ、風味を生かした安全、安心な食品づくり」を使命とし、「最高の品質(美味しさ、健康)、お買い求めやすい価格」の追求に取り組んでまいりました。社訓の理念「正直・信用・和」は、不変の経営理念として、社員一人ひとりにしっかりと定着しています。
私たちは現在、創業以来培ってきたフルーツ加工技術を活かし、さらなる領域の拡大に向け、「めざす姿」として「フルーツのアヲハタ」を掲げています。当社の基本的な考え方である「良い製品は、良い原料から」を土台とし、フルーツの力を限りなく引き出すことで「おいしさ」「楽しさ」「やさしさ」をお届けし、お客様の幸せな毎日のくらしに寄り添いたいと考えています。また、新しいフルーツ加工品をより多くのお客様にお届けすることで「フルーツのアヲハタ」を展開し、フルーツの摂取量向上にも貢献したいと思います。
「フルーツで世界の人を幸せにする」 というビジョンのもと、「お客様起点」の考え方で事業を推進し持続可能な社会の実現に貢献するとともに、企業価値向上に努めてまいります。

代表取締役社長
山本 範雄