アヲハタのこだわり

アヲハタが目指すのはただの”ものづくり”ではなく、「味づくり」です。
「味づくりは人間に与えられた最高の愛情表現」とアヲハタは考えます。

アヲハタが目指すのはただの”ものづくり”ではなく、「味づくり」です。
「味づくりは人間に与えられた最高の愛情表現」とアヲハタは考えます。

良い製品は、良い原料から

アヲハタグループの原料産地は、時代とともに世界各地に広がっています。
「農産加工品の美昧しさは、その原料によって7割が決まる」という考え方に基づき、
生産者との信頼関係を構築しつつ、栽培技術の研究をおこない、
高品質な原料の安定確保に努めています。

アヲハタグループの原料産地は、時代とともに世界各地に広がっています。
「農産加工品の美昧しさは、その原料によって7割が決まる」という考え方に基づき、生産者との信頼関係を構築しつつ、栽培技術の研究をおこない、高品質な原料の安定確保に努めています。

おいしさを最大限に引き出す

アヲハタでは、素材を活かしおいしさを最大限に引き出す加工技術を長年培ってきました。
フルーツのフレッシュ感・鮮やかな色・香りを向上させるための加工技術の向上や
ジャムを食べているときに感じる「テクスチャー」の研究を続けています。

アヲハタでは、素材を活かしおいしさを最大限に引き出す加工技術を長年培ってきました。
フルーツのフレッシュ感・鮮やかな色・香りを向上させるための加工技術の向上やジャムを食べているときに感じる「テクスチャー」の研究を続けています。

おいしさと安全を食卓へ

アヲハタでは、 おいしい商品を安全に食卓までお届けするために
「密封」「殺菌」といった保存技術にも創意工夫を重ねてきました。
また、衛生管理を徹底し、不必要な加熱を避けることでフレッシュな商品を
安全に食卓にお届けしています。

アヲハタでは、 おいしい商品を安全に食卓までお届けするために
「密封」「殺菌」といった保存技術にも創意工夫を重ねてきました。
また、衛生管理を徹底し、不必要な加熱を避けることでフレッシュな商品を安全に食卓にお届けしています。

人にも環境にもやさしく

アヲハタでは、全てのお客様にとってより良い商品を目指し、
パッケージデザインの改良を行っています。
ユニバーサルデザインや容器の軽量化を行い、
人にも環境にもやさしい商品を目指しています。

アヲハタでは、全てのお客様にとってより良い商品を目指し、パッケージデザインの改良を行っています。
ユニバーサルデザインや容器の軽量化を行い、人にも環境にもやさしい商品を目指しています。

広がるアヲハタのこだわり

アヲハタでは、ジャムやフルーツ缶詰の製造で培った果実原料の品質管理技術や
ブレンド技術、生産技術、商品開発力などを発揮し、
さらにお取引先様のもつ技術を掛け合わせることで、フルーツの新たな価値創出をめざします。
フルーツ加工品は、乳業メーカーや冷菓向けの商品に欠かせない重要な素材です。
アセプティック技術によって、できるだけ加熱量の少ないフレッシュな
果実加工品をつくり出すことが私たちの大切な仕事です。

アヲハタでは、ジャムやフルーツ缶詰の製造で培った果実原料の品質管理技術やブレンド技術、生産技術、商品開発力などを発揮し、さらにお取引先様のもつ技術を掛け合わせることで、フルーツの新たな価値創出をめざします。
フルーツ加工品は、乳業メーカーや冷菓向けの商品に欠かせない重要な素材です。
アセプティック技術によって、できるだけ加熱量の少ないフレッシュな果実加工品をつくり出すことが私たちの大切な仕事です。

アヲハタの信念

食品をつくるために最も必要なもの、それは「良い原料を使うこと」
それを支えるために必要なもの、それは「ものづくりへの良心と熱意」

“ものづくり”といっても、アヲハタが目指すのはただの”モノ”ではなく、「味づくり」です。
「味づくりは人間に与えられた最高の愛情表現」とアヲハタは考えます。
またアヲハタでは、創業以来瓶詰めする前の段階で人の目と手による異物混入チェックをおこなっています。この驚くほどオーソドックスで非合理に見えるこの方法ですが、はずすことのできない重要な工程として、トレーニングを受けた専任者がおこなっています。
心を込めて、一つ残らず責任を持って世の中に送り出したい。
その為には労力を惜しみません。